グランドサークルマニア

アメリカ西部の荒野“グランドサークル”をメインに旅行記を書いています。日常のこともちょっとだけ。

2018 グランドサークル新婚旅行記 vol.5 【漆黒の溶岩流】サンセットクレーター火山

セドナから北上し、グランドキャニオンを目指す途中で寄るにはおあつらえ向きのスポットが、この『サンセットクレーター火山国定公園』と『ウパキ国定公園』である。この二つの公園は隣り合っているので、セットで訪れるのもいいだろう。

サンセットクレーターは、高さ340mの死火山である。それほど高い山ではないが、火山の頂上まで登ることはできず、クレーターをのぞき込むことはできない。僕らは裾野に広がった溶岩の中を歩き、火山を下から見上げるように散策する。

今日は本来、セドナで気球に乗る予定だったのだが、強風のために中止となってしまった。この旅の一大イベントだっただけに、残念でならない。しかも、中止と知ったのは今朝なのだ。何も知らずに早朝4時から起きて準備し、結果として寝不足だけが残ることになった。

朝のうちに移動してしまおうということで、二度寝はせずに一番乗りでサンセットクレーターに到着する。朝7時台なので、もちろんビジターセンターは閉まっていた。

f:id:tomotus:20200904184550j:plain

ビジターセンター

f:id:tomotus:20200904184818j:plain

インフォメーション

インフォメーションにあるとおり、主に4つのトレイルが用意されている。僕らが歩いたのはその中の二つで、まず「Lava Flow Trail」、次に「A'a Trail」である。「A'a」は「アーア」と読むのだろうか。

-Lava Flaw Trail-

「Lava Flaw」とは「溶岩流」という意味で、その名のとおり溶岩流の中を歩く。誰もいない駐車場に車を停め、舗装されたトレイルを歩いていく。このトレイルは一部バリアフリーになっており、車いすでも楽しむことができる。一周1.6kmのループトレイルになっているので、同じ道を引き返さなくても帰れるのが良い。

f:id:tomotus:20200904190006j:plain

白い道がトレイル、奥に見える山が火山である。序盤は細かい黒い砂が地面を覆っている。